アントシアニンで視力アップ|健康サポートガイド

シニア
このエントリーをはてなブックマークに追加

過酸化脂質とは

栄養補助食品

サポニンは水と油に溶ける性質のある成分です。サポニンを身体に取り入れることで油を溶かす作用によって血栓や動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制する効果があるとされます。また過酸化脂質を減らすことでコレステロール値や血流改善、またシミの発生を抑えるといった効果が期待できます。

もっと見る

糖の代謝を上げる成分

メンズ

糖尿病対策にはサプリメントが用いられることがあります。サプリメントは有効成分の含有量が処方薬ほど多くないため、継続的な摂取が大切です。服用を続けるためには、マグネシウムのような安価で手に入れやすいサプリメントを使うことが大切です。

もっと見る

目の健康をもたらす成分

サプリ

ロドプシンとの関係

アントシアニンとは、ブルーベリーやカシスなどに多く含まれる成分です。このアントシアニンには、視力改善や眼精疲労回復など、目の健康を維持するための効能があると言われています。その秘密は、ロドプシンという成分に隠されています。ロドプシンとは、紫色をした色素で、目の網膜に存在しています。ロドプシンのある網膜が光に当たることで、ビタミンに分解されて、その後もう一度ロドプシンになります。このプロセスによって、目が機能しものを見ることが出来ます。しかし、このプロセスが目の酷使によって追いつかなくなりロドプシンの生成が遅れてしまうと、網膜に負担がかかり、目の疲れなどを引き起こしてしまいます。しかし、アントシアニンにはこのロドプシンの生成を促進する働きがあるのです。そのため、網膜の細胞の負担を和らげ、視力回復などの効果をもたらすことが出来ます。

高い抗酸化作用

アントシアニンの働きはそれだけではありません。アントシアニンには、高い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、体内に潜む活性酸素を除去し、体の酸化や老化を防ぐ働きのことを指します。活性酸素は、目にも影響をもたらします。視力の低下や目の疲れなどは、活性酸素が体内に溜まってしまうことで引き起こされてしまうこともあります。アントシアニンを体内に取り入れることで、そのような状態を改善し、目の老化を防ぐことが出来ます。また、アントシアニンを摂取するためにはとても多くの量のブルーベリーやカシスを摂取しなくてはならないため、摂取はサプリメントによるものが一般的になります。目の疲れを感じたときや、視力低下予防のために定期的に摂取を続けることで、高い効果を得ることが出来ます。

生活習慣病を改善する

錠剤

高血圧とは、最高血圧が140mmHG、最低血圧が90mmHG以上の場合を言います。生活習慣病とも呼ばれています。生活習慣の改善で予防することができます。食事による改善だけでは間に合わない場合は、サプリを使用して必要な栄養素を摂取するのが良いです。

もっと見る