アントシアニンで視力アップ|健康サポートガイド

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

生活習慣病を改善する

錠剤

高血圧の予防には、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどを摂取するのが大切です。カリウムは、体内の塩分を尿として排出してくれます。カルシウムは、血管を収縮させるホルモンなどの分泌を抑えてくれます。これをサポートしてくれるのがマグネシウムです。酢酸やDHA・EPAは、血管を柔らかくしたり拡張させたりして高血圧を防いでくれます。高血圧は、生活習慣病とも呼ばれています。生活習慣の改善で予防することができます。食べ物から摂取することも大事ですが、なかなか取りきれるものではありません。そこで、サプリを使用します。必要な成分を錠剤にしてあり、とても手軽に栄養素を摂ることができます。摂取量を正確に管理できます。

日本では、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の場合を高血圧と言います。高血圧の原因は、塩分の取り過ぎ、肥満、喫煙、ストレスなどと言われています。高血圧の予防に有効な栄養素をサプリで摂ることは、とても手軽で効果があります。但し、摂り過ぎないように気を付けましょう。サプリに含まれている栄養素の働きを十分に発揮させるためには、サプリ以外に栄養素も必要になります。1日3食を心がけ、広くいろいろな食べ物を食べて必要な栄養素が摂れるように心がけましょう。合わせて、運動をして新陳代謝を良くして肥満を防止しましょう。まずは、日常の中でなるべく歩くようにすると、有酸素運動をすることになるので巡り巡って高血圧の解消になります。